当サイトへのご訪問、ありがとうございます!

2007年02月03日

太白山

太白山(たいはくさん)は、仙台に住む人なら誰でも知っているとても有名な山です。
なにしろ、仙台市には太白区という区があり、この太白山の名前からつけられているのです。
それだけ、この山は仙台に影響を与えている山で、標高は低いながらも仙台市内の多くの場所からキレイに見ることができます。

-------------------------------------------------------------------------------------------------

-------------------------------------------------------------------------------------------------


この写真は我が家の近所から撮影していますが、太白山まで25キロも離れているのに、こんなにカッコよく見えます。

-------------------------------------------------------------------------------------------------

標高320mの低山にもかかわらず、まるで東京都内から見える富士山のような写真のようではありませんか!

私は太白山に約30年前の小学校低学年頃、一度登ったことがあります。
でも、その時の記憶はほとんどありません。

今日は30年ぶりに太白山に登ってみることにしました。
朝8時に自宅を出発し、コンビニで買った肉まんを食べながら9時に到着。登山口の自然観察の森駐車場に駐車し、いよいよ登山開始です!

といっても、ほんのピクニック気分で考えていたため、服装は街中を歩くようなダウンのジャンバーとジーパン、普通の靴です。
駐車場には私以外にもこれから登山する方が多くいらっしゃいましたが、みなさんしっかりとした登山の格好をしていました。
もしかして、軽装の私はこの山では異質な登山者なのかしら???
と心配になりながら、気をとりなおして出発です。

登山口にはわかり易い登山ルートの看板がありました。
いろいろなコースがあり、とても楽しい山歩きになりそうです。

-------------------------------------------------------------------------------------------------

3分ほど歩くと、自然観察センターがありました。

-------------------------------------------------------------------------------------------------

入館無料と書いてあったので、センター内でいろいろな太白山の資料を見せていただきました。
特に興味シンシンで見せていただいたのが、太白山の大型模型です。

-------------------------------------------------------------------------------------------------

これから歩く「であいの道コース」はどこかな?などと想像しながら模型を見ていると、楽しくて10分ぐらい時間がすぎていました。

センターを出て、いよいよ山道に入っていきます。
途中に流れる川の底には落葉がびっしり敷かれており、水面は氷で覆われていました。

-------------------------------------------------------------------------------------------------

「であいの道コース」、はとても歩きやすい道でした。
白い雪がうっすら積もった道は、なんとなくロマンチックで(最近、冬ソナの再放送を見たせいか?)、ヨン様気分で歩きました。

-------------------------------------------------------------------------------------------------

ふんだんはあまり気にしませんが、足元の落葉もじっくり見てみると、なかなかキレイなものですね。

-------------------------------------------------------------------------------------------------

この道は樹林が多く、あまり展望のない道でしたが、急に展望が開けて太白山の全容が目の前に飛び込んできました。
ん~、かっこいい!本日のベストショットです!

-------------------------------------------------------------------------------------------------

展望もつかの間、今度はしっとりとした森の中を歩きます。

-------------------------------------------------------------------------------------------------

午前中の太陽光が作る樹林の影。横断歩道のようなシマシマが面白いですよね(^0^)

-------------------------------------------------------------------------------------------------

暗い森の中に一瞬の輝きを発見。すかさずシャッターをきりました。

-------------------------------------------------------------------------------------------------

なんだか水墨画の世界をさまよっているような、不思議な気持ちになります。

-------------------------------------------------------------------------------------------------

生田森八幡神社をがありました。30年前の太白山登山では、この付近の記憶がかすかにあります。少し感動・・・

-------------------------------------------------------------------------------------------------

生田森八幡神社を過ぎると、いままでののんびり歩きがウソのような急な上り坂がありました。
落葉と雪と泥で、とても大変な道です(><)
油断するとツルッと滑って転んで大怪我をしそうです。
幸い、クサリが張られていたので、これをたよりに登りました。
軽装ではなく、きちんとした登山の格好をしてくれば、こんなに苦労はしなかったことでしょう。
やはり低山とはいえ、山は山です。油断は禁物です。

-------------------------------------------------------------------------------------------------

もうすぐ頂上!
樹林の間からは仙台の町並みと、更に向こうには太平洋が見えました。

-------------------------------------------------------------------------------------------------

山頂には10人ぐらい先客はいました。
貴船神社に参拝し、大きな岩に腰をおろして冷たいお茶をグビグビ飲みました。おいしい♪
冬は樹林の葉が落ちているので、蔵王や泉ケ岳なども遠望でき、爽快な気分です。

-------------------------------------------------------------------------------------------------

下山は同じ道を戻ります。
しかし、ここで大失敗をしてしまいました。
頂上を踏んだことで油断してしまい、雪と泥の急坂で足を滑らせてしまいました!
ツルッ!ドスン!
泥の中に思いっきり尻餅をついてしまいました・・・(涙)
服はドロドロ。
泥水がパンツにまで染みて、冷たいです・・・
ショック・・・

やはりこれも山に軽装ではいった罰でしょうか。
反省をしながら、静かにゆっくりと下山しました。

投稿者 けんじさん : 2007年02月03日 18:05

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

RSS 2.0

Powered by Movable Type3.2-ja-2

Copyright(C)けんじさんの山あるき,All rights reserved.